選挙は朝日で 2007参議院選挙 アサヒ・コム

ここから本文エリア

現在位置:asahi.com2007参院選地方ニュース神奈川> 記事

各党こう戦う

2007年07月12日

■自民党・菅義偉県連会長 

 今回の選挙は逆風につぐ逆風と言われているが、ひるむことなく戦い抜く。これまでも政策を国民に丁寧に説明し、改革を進め実行してきた。実直かつ真摯(しんし)に改革を貫き、世界の人々からあこがれと尊敬を集める美しい国の礎を築くため、力を尽くす。

■民主党・浅尾慶一郎県連代表 

 政治とは生活であるをスローガンに掲げ、政権交代の実現に必勝を期す。定率減税の廃止、国民年金保険料、住民税の増額と負担が重くなるばかりで格差社会を生み出している。安心できる年金制度改革、赤城農水相の事務所費問題などを訴えていく。

■公明党・上田勇県本部代表 

 目標は与党で過半数維持。松候補の当選と比例区過去最高得票を目指す。松候補は元経産副大臣としての実績を訴え、政策実現力を強調したい。公明党は働く者や中小企業といった生活者の立場を最も理解している政党。スローガンは「未来に責任」。

■共産党・小池潔県委員長 

 「消えた年金」問題の完全解決、「緊急福祉1兆円プラン」など暮らしを守る政策、憲法改悪をストップさせ平和を守り米軍基地強化反対などを重点的にアピールしていく。安倍・自公政権の暴走に、どの党が正面から立ち向かうことができるかが問われている。

■社民党・石原守県連代表代行 

 この選挙は憲法を守り、格差をなくし、くらしを守る闘いだ。消えた年金の責任を追及する。福祉の負担増を止めさせるとともに、格差をなくし雇用を保障し、安心してくらせる社会をつくる。くらしと平和を、子や孫の未来を守るために全力をあげて闘う。

■国民新党・亀井久興幹事長 

 今の日本の政治をただし、国民の暮らしのために日々走ってきた。わが党は結党時の信念を信じ、ぶれずに、選挙戦では年金制度の抜本改革をはじめとした安心・安全の確保、郵政民営化の見直しなどの公約をしっかりと神奈川県民に訴えていく。

このページのトップに戻る