選挙は朝日で 2007参議院選挙 アサヒ・コム

ここから本文エリア

現在位置:asahi.com2007参院選地方ニュース神奈川> 記事

〈選挙の風景〉漫画喫茶で訴え聞く

2007年07月20日

 19日午前6時前。

 横浜駅近くのマンガ喫茶から出てきたのは、35歳の男性だった。勤めていた県内の建設会社を辞めたのは、この3月だ。「部下のミスをめぐって上司に責任を押しつけられたので、自分から辞めた」

 向かった先は、市内の倉庫。登録している派遣会社から紹介を受けた。荷物の整理が主な仕事だ。マンガ喫茶に寝泊まりしながら、携帯電話のメールで紹介される仕事場へ向かう日々だ。

 マンガ喫茶の利用料は8時間で1780円。テレビやインターネットも見ることができ、シャワーも浴びられる。店員に聞くと、5〜6人の「常連さん」がいるという。

 「早く正社員の仕事を見つけて、安定した生活を送りたい」と男性は言った。だが、めどは立っていない。

 参院選の投票には行こうと決めている。これまでは会社に言われた候補者に投票することが多かったが、今回は違う。

 安心して暮らせる社会を誰が作ってくれるのか。マンガ喫茶のテレビで各政党の訴えを聞きながら、見極めている。

このページのトップに戻る