選挙は朝日で 2007参議院選挙 アサヒ・コム

ここから本文エリア

現在位置:asahi.com2007参院選地方ニュース神奈川> 記事

〈選挙の風景〉客待ち車外で一服

2007年07月24日

 23日午後4時すぎ、小田急本厚木駅前。小雨が降るなか、参院選の候補者が演説を続けていた。

 駅のロータリーには、客待ちの20台のタクシーが並んでいた。10分、15分たっても客はだれも来ない。運転手が1人、車から降り、小走りに駅前の喫煙場に向かった。たばこを2、3口吸うと、急いで車に戻った。

 話を聞いてみた。「長いときで、客待ちは1時間にもなるからね。たばこがないと……」。49歳という。運転手になったのは2年半前。大手機械メーカーに22年間勤めていたが、業績悪化を受けて希望退社したと彼は言った。

 タクシーにとって、夜は稼ぎどきだ。「景気は回復した」と言われるけれど、実感はない。夜の客は少ないままだ。「21時間勤務を月に12、13回こなし、それでも年収は約500万円。会社員時代の3分の2程度ですよ」

 この11日から、県内のタクシー約1万4000台は首都圏で初めて全面禁煙になった。イライラは募るが、1日40本だった喫煙量は半分に減った。「長い目で見れば体には良いのかもしれないけど……」

このページのトップに戻る