選挙は朝日で 2007参議院選挙 アサヒ・コム

ここから本文エリア

現在位置:asahi.com2007参院選日刊スポーツ参院選ニュース> 記事

民主党小沢代表はとげぬき参り

2007年07月23日

 民主党の小沢一郎代表(65)は22日、東京選挙区の新人大河原雅子氏(54)とともに東京・豊島区の巣鴨地蔵通り商店街を練り歩いた。

 街頭で東京選挙区の応援に入るのは初めて。蒸し暑い中、スーツ姿で現場に到着すると演説中だった大河原氏には目も振らず、支持者や通行人らに駆け寄って“握手作戦”を開始した。記念撮影にも気軽に応じるなど約30分間にわたって笑顔で支持を呼び掛け、最後は「とげぬき地蔵尊」で知られる高岩寺に向かった。関係者から渡された200円をさい銭箱に入れて手を合わせると「よしっ」。街頭演説はせず、迎えの車に乗り込んだ。

 小沢氏は公示後も、昨年4月の代表就任以降続けている地方回りのスタイルを貫いている。都市より地方を重視し、演説より組織回りを好んでいる。無党派層の取り込みを狙う安倍首相は都市部を中心に22日までに39回の演説を行ったが、小沢氏は接戦となっている1人区の山間地や郡部で9回行っただけ。都市部は菅直人代表代行(60)らに任せ、空いた時間は候補者の選挙事務所や少人数の会合などを回っている。

 民主党関係者は「代表は地方の格差問題を重視している。都市を中心に回っている首相との違いを出す狙いもある」と話す。小沢氏は23日は青森、24日は福井と石川を回る予定だ。

Copyright 2007 日刊スポーツ新聞社 記事の無断転用を禁じます

日刊スポーツ参院選ニュース

日刊スポーツ参院選ニュース一覧

このページのトップに戻る