選挙は朝日で 2007参議院選挙 アサヒ・コム

ここから本文エリア

現在位置:asahi.com2007参院選日刊スポーツ参院選ニュース> 記事

参院選、次の注目キーワードは「絆創膏」

2007年07月27日

 選挙戦が終盤戦に入る中、「絆創膏(ばんそうこう)」が「年金」「消費税」に次ぐ参院選のキーワードになっていることが26日、分かった。ネットサイト企画会社「きざしカンパニー」が437万件以上のブログから毎日15万〜20万件の新たな書き込み(エントリー)の中で使われたキーワードを調査した。赤城徳彦農水相(48)が顔に当てて登場した17日以降、絆創膏は急浮上した。中国・北京を訪問中の当の赤城氏はこの日、腹痛を理由に帰国を延期した。

 選挙戦も終盤戦に突入し、ブログの世界でも選挙の話題が急増している。「きざしカンパニー」が「選挙戦の中で、どのような言葉に関心が集まっているか」を調査するため、同社のブログ検索サイトで「注目キーワード」を調査したところ、赤城氏のトレードマークになった絆創膏が急伸していることが分かった。

 赤城氏が閣議後の記者会見で、顔に突然大きなガーゼを当てて登場したのは今月17日。それ以前の7月6〜12日は「絆創膏」が使用された新たな書き込み(エントリー)は218件だったが、17日以降は激変。13〜19日のエントリーは369件に跳ね上がった。赤城氏は24日にばんそうこうを外したが、20〜26日の1週間のデータでも勢いは衰えず、384件をマークした。

 「絆創膏」をめぐるブログの内容も17日を境に激変した。6〜12日のエントリーで「絆創膏」と一緒に使用されたキーワードは「貼(は)って」や「液体絆創膏」「痛い」など健康や医学をめぐる話題だったが、13〜19日では「事務所費」「赤城徳彦農水相」「閣議」など、政治の話題の中で使用される重大キーワードに変身した。赤城氏は24日に、原因が「毛包炎」だったと説明。「毛包炎」も5月以降、1週間に1件あるかないかのキーワードだったが、20〜26日のデータで56件を数えている。

 同社では、ブログ検索サイトで参院選特集を組み、10の「注目ワード」を設定している。20〜26日のデータで、最も多かったのは「年金」の2855件。争点となるキーワードでは「消費税」(455件)「社保庁」(301件)「憲法改正」(188件)などが続いた。「絆創膏」は「注目ワード」のランキング内に換算しても4位に相当している。

Copyright 2007 日刊スポーツ新聞社 記事の無断転用を禁じます

日刊スポーツ参院選ニュース

日刊スポーツ参院選ニュース一覧

このページのトップに戻る