選挙は朝日で 2007参議院選挙 アサヒ・コム

ここから本文エリア

現在位置:asahi.com2007参院選党首に聞く > 記事

綿貫・国民新党代表 議会蹂躙の内閣、総決算

2007年07月07日

 ――選挙後をにらんで自民党からラブコールを送られていますね。

写真

  

 森君(元首相)が保険を掛けようと思って「綿貫さんとは親しい」と言っているが、私は自民党には戻らない。

 ――自民党と連立を組むこともないですか。

 組まない。餌によだれを垂らして、大臣をやるから自民党につくということはしない。公約に掲げる「郵政民営化見直し法案」に自民党が賛成しても、全部一緒にはならない。是々非々で対応する。

 ――最も訴えたいことは何ですか。

 小泉・安倍内閣を総決算する選挙だ。今度の国会のように議会を蹂躙(じゅうりん)して、官邸主導で政治を行うのは見たことがない。安倍内閣はファッション政治。国家公務員法とか、形だけを変える。バランスのとれた、本来の政治のあり方を訴えたい。

 ――亀井静香代表代行は国民新党の政策に「この指止まれ」で政界再編になる、と言います。

 誰も止まらないと、しょうがない。我々の力で政局が動かせるか、情勢次第だ。

 ――二枚看板の綿貫さんと亀井さんの政治手法はかなり違うようです。

 こういう形を想定していたわけじゃなく、流れでこうなった。ぐらぐらしてバラバラになるのはいけない。お互い、大同小異でやっている。

党首に聞く

党首に聞く一覧

このページのトップに戻る