選挙は朝日で 2007参議院選挙 アサヒ・コム

ここから本文エリア

現在位置:asahi.com2007参院選党首に聞く > 記事

志位・共産党委員長 ストップ貧困・9条守る

2007年07月11日

 ――「たしかな野党」を掲げていますね。

写真

  

 いつまでも野党でいる気はないが、いまは「たしかな野党」として役割を果たすことが「たしかな与党」への一番の道だ。参院選後、どのような政党間の力関係の変動が起こるかは何とも言えないが、どういう状況になっても「ストップ貧困、憲法9条を守る」との立場でがんばる。

 ――憲法問題は争点としてかすんでいる印象があります。

 憲法改定で暴走しようという安倍首相のもくろみは、かなりシナリオが狂ったと思う。ただ、自民党のマニフェストのトップは憲法改定だ。この問題の危険性を軽く見ることはできない。首相は「米国と肩を並べて武力行使をする国をつくる」との方向をめざすが、共産党がこの方向にストップの審判を下したい。

 ――「ストップ貧困」とは具体的には。

 アパート代も借りられないネットカフェ難民、国民健康保険料を払えない医療難民の存在が社会問題になっている。国民の多くが不安を抱きながら暮らしている。異常な社会だ。貧困をなくすことは政治の一番の責務。「消えた年金」問題の解決は党利党略ではなく、与野党が協力する姿勢が大事だ。

 ――二大政党化の流れは止まっていません。

 民主党マニフェストに「庶民増税反対」の旗印はない。「憲法」は全く触れていない。自民、公明両党で悪い方向に暴走しようという時なのに民主党では対抗する旗が立たない。民主党でどれだけ変わるかもわからない、と。それで迷っている人は多いと思うので、頑張れば前進がつかめるという手応えはある。

 比例区で5議席を確保したい。東京は現職の選挙区だから必ずバトンタッチさせたい。1議席でも2議席でも増やせれば勝利だ。

党首に聞く

党首に聞く一覧

このページのトップに戻る