選挙は朝日で 2007参議院選挙 アサヒ・コム

ここから本文エリア

現在位置:asahi.com2007参院選一票の力 > 記事

石原人気、候補者すがる 「恩返し」期待

2007年07月20日

 4月の東京都知事選で280万票を獲得した石原慎太郎知事の人気にあやかろうと、参院選の候補者が知事に応援演説を求めたり、声を吹き込んだ応援テープ作りを頼んだりしている。知事はこれまでの参院選では積極的な応援をほとんどしてこなかったが、知事選で支援を受けた候補者や都議らへの「恩返し」に追われているようだ。

 JR八王子駅前で16日にあった東京選挙区の自民現職の街頭演説。隣に立った石原知事は「東京をよく知る国会議員の一人。心強い仲間に手を貸してもらい、東京を活力あるものにしていきたい」と声をあげた。

 この候補は早くから知事側に応援演説を要請。6月には都連幹部らが議長室に知事を迎え、応援の確認をした。チラシを配る陣営スタッフは「今回はいつもより拒否されることが多いが、石原知事が来ると受け取ってくれる人が増える」。

 「突然のお電話で恐縮です。石原慎太郎です」。都議出身の自民比例候補は、石原知事が応援するメッセージを流す電話作戦を始めた。最後まで聞いた「脈あり」の人には陣営スタッフが電話をかけ、選挙カーでも石原知事の声を流す。候補は「知事の応援は都民への大きなメッセージになる」と話す。

 相次ぐ応援要請について、石原知事は公示前の記者会見で「東京にとって必要な人の応援も行きますよ。しかし、私に過大に期待するのは、ちょっと情けないし筋違いじゃないのかね」と突き放した。だが、3年前とうってかわって様々な要請に応じる背景には、4月の知事選があるようだ。

 身内重用や高額出張で批判を浴びた知事は、自民党都議や区議らによる組織選挙にも頼った。無所属だったが「実質は自民党候補」との声も。自民党都連幹部は「組織をあげて支援したのだから、恩返しに期待する」と打ち明ける。

 このほか東京選挙区の自民新顔は、石原知事の長男・伸晃氏の秘書らが陣営を仕切る。選挙事務所も石原知事が知事選で使った場所。6月の事務所開き後に知事が突然姿を現し、「頑張んなさいよ」とエールを送った。陣営は、知事の応援演説を調整している。

1票の力

1票の力一覧

このページのトップに戻る