検索とメインメニューとばして、このページの本文エリアへ検索使い方
現在位置 : asahi.com > 2007統一地方選・参院補選 > ニュース > 記事 ここから本文エリア

夕張市長、長崎市長選など開票 統一地方選後半戦

2007年04月22日20時12分

 一般市長選や市議選など、統一地方選後半戦の開票が22日夜、始まる。なかでも、「破綻(はたん)からの再生」が争点となった北海道夕張市長選や、高レベル放射性廃棄物最終処分場の立地調査を巡って町長が辞職した高知県東洋町の出直し町長選で、有権者がどのような「民意」を示すのかが注目される。

写真

ギャラリー用:夕張市長選の開票作業が始まった=22日午後9時38分、北海道夕張市で

 夕張市長選には全国から7人が名乗りをあげた。財政再建団体として国の管理下に置かれた同市。厳しい状況の下、街のたて直しをどう進めていくのか、各候補が主張を訴えてきた。

 一方、高知県東洋町。高レベル放射性廃棄物最終処分場の誘致をめぐり、選挙で民意を問うとして町長が辞職、出直し選挙となった。再び立候補して4選を目指す前町長と、反対派の前室戸市議の2人が立候補した。

 また、県庁所在地の水戸、松山、長崎、大分の各市長選の結果も注目される。


2007統一地方選挙

3月
     
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
4月
           
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
告示日 開票日

キーワード

図表

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.