検索とメインメニューとばして、このページの本文エリアへ検索使い方
現在位置 : asahi.com > 2007統一地方選・参院補選 > ニュース > 記事 ここから本文エリア

長崎市長選の大量無効票受け、制度見直し検討 総務相

2007年04月24日10時52分

 菅総務相は24日の閣議後の会見で、伊藤一長・前市長が選挙中に銃撃されて死亡した長崎市長選で大量の無効票が出たことを受け、「国民の意思が生かされなければならない。研究会を立ち上げ問題点を整理したい」と述べ、公職選挙法の改正も含めて制度の見直しを検討する考えを示した。

 同市長選では、伊藤氏への投票が相次ぎ、投票総数の7%を超える1万5000票以上の無効票が出た。その多くが事件発生前の期日前投票で投じられたとみられている。

 菅氏は、選挙中に候補者が死亡した場合などの補充立候補の制度についても見直す必要があるとの考えを表明。大型連休明けに研究会を立ち上げ、学識経験者や実際の選挙事務の担当者らから意見を聴き、海外の例も参考に検討を進める。


2007統一地方選挙

3月
     
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
4月
           
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
告示日 開票日

キーワード

図表

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.