現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. 地方ニュース
  3. 鹿児島
  4. 記事

〈決 09衆院選〉意気込む県内主要政党 「厳しいが頑張る」「政権交代」

2009年7月22日

印刷印刷用画面を開く

 衆議院が解散した21日、県内の立候補予定者は選挙へと走り出した。主要各党の県幹部に意気込みを聞いた。

 自民党県連の小幡兼興幹事長は「厳しいが頑張るのみ」。東京都議選など苦戦続きだが、「鹿児島の議員は地域との密着度が違う。党による経済・雇用対策の効果を丁寧に伝えていきたい」と話す。公明党県本部の成尾信春代表は「政局重視の政治に失望が募るだけに、定額給付金など生活者の視点で一貫している姿を訴える」と意気込む。

 民主党の青木寛県連幹事長は「遅きに失した追い込まれ解散。正当性なき自公政権に審判を仰ぐ選挙。政権交代を目指して有権者に支持を訴えたい」、国民新党県支部の松下忠洋代表は「麻生内閣はやぶれかぶれ解散。政権交代を実現すべく正々堂々戦う」とするコメントをそれぞれ出した。

 社民党県連合の北森孝男幹事長は「県内比例区で7万票以上の獲得を目標にし、与野党逆転の一翼を担いたい」と話し、共産党県委員会の野元徳英委員長は「命と暮らしをないがしろにし、労働者を物のように扱う政治を終わらせたい」と述べた。

検索フォーム