現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. 地方ニュース
  3. 愛媛
  4. 記事

景気・雇用…舌戦熱く 4小選挙区、16人立候補 総選挙公示

2009年8月19日

印刷印刷用画面を開く

地図拡大  

 「政権選択」が最大の焦点となる総選挙が18日、公示された。県内の4小選挙区には16人が立候補し、12日間の選挙戦がスタートした。政党別では自民4人、民主3人、共産、社民が各1人、諸派4人、無所属3人。比例区四国ブロックには県内から比例単独で自民、民主各1人、諸派2人が立候補を届け出た。県選管での受け付けを済ませた候補者らは早速、街頭へ出て支持を訴えた。投票は30日で即日開票される。

◇主な候補者の訴え 衆院解散時の勢力順

◆1区

 塩崎恭久氏(自民)は松山市千舟町4丁目の事務所前で出陣式を開き、加戸守行知事らの激励を受けた後、「人と技術に投資をして世界に負けない愛媛の経済をつくりあげる。混迷する日本の中で私が果たすべき役割は山ほどある。絶対勝たなければいけない」と訴えた。

 永江孝子氏(民主)は同市大手町1丁目の事務所前で出陣式に臨み、「これまで辻立ちを千回し、集会を50回開いて2千人以上の声を聞いた。皆さんの真の代弁者となるため努力し続ける」と約束した上で、「政・財・官の癒着を断ち切らなければ庶民の声は届かない」と訴えた。

 田中克彦氏(共産)は同市湊町5丁目の伊予鉄道松山市駅前で第一声。「貧困と格差を拡大させた自公政権にノーを突き付けよう。政権交代が実現した後も、憲法9条改正や消費税増税に断固反対し、国民の利益を守る防波堤になる。共産を伸ばしてほしい」と支持を求めた。

 谷村耕治郎氏(諸派)は同市天山3丁目の事務所で出陣式。市内各地を回って「減税して景気回復を図りたい」などと訴えた。

◆2区

 村上誠一郎氏(自民)は今治市別宮町2丁目の事務所で出陣式を開いた。7期23年の実績を強調した上で「民主党政権になれば国の借金がふくらみ、財政、教育、外交が崩壊する。自公の政策は間違っていない。今までの経験と知識を生かして日本の再生に役立ちたい」と訴えた。

 岡平知子氏(社民)は同市通町3丁目の今治城吹揚公園で出陣式に臨み、「『まずダムや道路を造ろう』ではなく、そこに暮らす人たちを真ん中に据えた政治をするべきだ。政治家や官僚が主導する今の政治は古い。市民がつくる21世紀の政治をしなければいけない」と呼びかけた。

 楠橋康弘氏(無所属)は同市伯方町木浦の三島神社で第一声を上げた。「混沌(こんとん)とした世の中で、目を閉じても開けても真っ暗だ。暮らしを少しでもよくするため、皆さんの声を聞き、無駄を排除し、実行できる人間が必要だ。地元で生まれ育った私に力を頂きたい」と訴えた。

 森田浩二氏(諸派)は今治市北宝来町1丁目のJR今治駅前で「北朝鮮のミサイルから国民を守るため、憲法9条を改正する」と訴えた。

◆3区

 白石徹氏(自民)は新居浜市一宮町1丁目の一宮神社で出陣式を開いた。「地域に生まれ、育てられ、皆さんと一緒に歩む政治活動を続けてきた」と県議を10年務めた実績を強調。「活力のあるふる里、安心できるふる里を一緒につくるため、勝たせてほしい」と訴えた。

 白石洋一氏(民主)は西条市大町の党の事務所近くで第一声を上げた。「小泉構造改革で日本は壊された。自民は失政の責任を取って政権を明け渡すべきだ。今こそ男女が子育てしながら安心して働ける社会をつくり、少子化の流れを政治の力で変えなければいけない」

 宮脇繁氏(諸派)は新居浜市土橋2丁目の事務所前で出陣式。街頭で「景気回復のため減税し、北朝鮮の脅威から国民を守る」と訴えた。

◆4区

 山本公一氏(自民)は大洲、西予、宇和島の3市で出陣式を開いた。大洲市東大洲での第一声で「行き過ぎた小泉改革を反省し、地方の目線で政治をする」と訴えた。宇和島市中心部の商店街では「ふる里の南予を守るため戦い抜く」と述べ、愛南町へ向けて選挙カーを走らせた。

 高橋英行氏(民主)は八幡浜市北浜1丁目の北浜公園で出陣式に臨んだ。「南予は疲弊し、農漁業でも食べていけなくなった。皆さんの声が届かない官僚主導の政治のせいだ。ふる里を守り、いつまでも暮らせる南予にするため、今こそ政治を変えなければならない」と訴えた。

 桜内文城氏(無所属)は宇和島市恵美須町1丁目の後援会事務所前で第一声。支持者らに帰郷後、2年間の活動への支援に感謝を述べたあと、「この選挙で南予を私たちが変えることが出来るかが問われている。私を南予の大地に根を張る桜にしてください」と支持を呼びかけた。

 露口礼子氏(諸派)は宇和島市鶴島町の事務所前で「消費税や相続税を廃止し、景気回復を実現する」などと第一声を上げた。

◇主要政党の談話

◆自民 実績を背景に全力

 今回の総選挙はわが国の進路を決める天下分け目の戦いで、党の命運をかけた戦いである。この国の繁栄を築き上げてきた党の歴史と実績を背景に、改めるべきは改め、伸ばすべきは伸ばす基本方針のもと、選挙戦を戦い抜く。特に景気対策や地域活性化対策の継続拡大は、本県にとっても最重要課題であり、各支部と連携を図るとともに友好団体などの協力をいただき、総力を挙げて支持を訴える。

◆民主 選挙区完勝目指す

 衆院選は「政権交代」の選挙だ。税金の無駄遣いの精査、天下りの根絶など「政権交代」を果たさなければ成し得ないことが数多くあり、後期高齢者医療制度の廃止、郵政民営化の見直し、年金問題の解決など「政策の転換」を図らなければ国民生活を守ることはできない。愛媛においても新しい政治家により、新しい政権政党で、新しい国づくりを目指す。県連として全選挙区での完勝を目指す。

◆公明 国民の生活を守る

 衆院選は政権選択の選挙であるとともに政策選択の選挙でもある。公明党は連立政権にあって生活者の目線に立ち、定額給付金の推進や政治資金規正法の改正強化などを実現してきた。政党の生命は施策であり、政策実現力だ。「ブレない政策」「やり抜く力」の公明党こそ国民生活を守り抜く覚悟を持ち、実績を積み重ねてきた。県本部は比例区の戦いとなるが、県民に力強い支援を願いたい。

◆共産 悪政の「防波堤」に

 「国民を苦しめた自公政権は退場してもらいたい」は圧倒的多数の国民の声だ。「民主政権で大丈夫か」という声も聞かれる。共産党は自公政権退場後の国会で「建設的野党」として、子供手当の増額など民主党との一致点では共同し、消費税増税などの悪政を許さない「防波堤」となる。愛媛は雇用破壊が進み、地域医療、経済の再生も待ったなしだ。県民の命綱としての議席を勝ち取らせてほしい。

◆社民 無責任政治許さぬ

 衆院選の公示で「新しい日本の政治」の樹立に向けた一歩がスタートした。小泉構造改革以降の弱肉強食の政治はワーキングプアと呼ばれる貧困を生み、格差を拡大した。「消えた年金」問題をはじめ、介護難民、医療崩壊など弱者いじめ、福祉切り捨ての無責任な政治を許すことはできない。「政権交代を」と願う県民の期待に応えるため、選挙区での必勝と比例区での躍進に向け、全力を挙げ戦う。

■愛媛県の小選挙区

 【1区】松山市(旧松山市)

 【2区】松山市(旧北条市、旧中島町)、今治市、伊予市、東温市、上島町、久万高原町、松前町、砥部町、内子町(旧小田町)

 【3区】新居浜市、西条市、四国中央市

 【4区】宇和島市、八幡浜市、大洲市、西予市、内子町(旧内子町、旧五十崎町)、伊方町、松野町、鬼北町、愛南町

■小選挙区候補者

 (届け出順。氏名は原則として日常使用名。年齢は投票日現在の満年齢。カッコ内数字は当選回数。[比]は比例区重複候補者。〈 〉内の政党は推薦。略歴の〈元〉以下は過去の経歴。▽は出身校、住所の順)

◇1区 候補者数5

 永江孝子(ながえ・たかこ)49 民新[比]〈社〉〈国〉

 〈元〉南海放送アナウンサー▽神戸大法学部▽松山市喜与町1丁目

 塩崎恭久(しおざき・やすひさ)58 自前(4)[比]〈公〉

 党税調副会長〈元〉官房長官・外務副大臣・衆院法務委員長・参院議員・総務庁長官秘書官・日本銀行員▽東大教養学部▽松山市上市1丁目

 田中克彦(たなか・かつひこ)42 共新[比]

 党県常任委員・党国会議員団県事務所長〈元〉党中予地区委員長・赤旗記者・運輸省職員・民青兵庫県副委員長▽徳島県海南高▽松山市土居田町

 谷村耕治郎(たにむら・こうじろう)46 諸新

 幸福実現党県代表・幸福の科学職員〈元〉モデル事務所社員▽神田外語学院▽横浜市港南区日限山1丁目

 郡昭浩(こおり・あきひろ)48 無新

 〈元〉塾講師▽早大政治経済学部▽松山市紅葉町

◇2区 候補者数4

 村上誠一郎(むらかみ・せいいちろう)57 自前(7)[比]〈公〉

 党税調副会長〈元〉党県会長・規制改革産業再生機構担当相・党副幹事長・財務副大臣・大蔵政務次官・衆院議員秘書▽東大法学部▽今治市別宮町2丁目

 森田浩二(もりた・こうじ)49 諸新

 幸福実現党県副代表・幸福の科学職員〈元〉真空包装機械製造会社員・水産食品加工会社員▽関西大法学部▽徳島県阿南市羽ノ浦町岩脇中須

 岡平知子(おかひら・ともこ)51 社新[比]〈民〉〈国〉

 えひめNPOセンター理事〈元〉放送会社専務・今治市PTA連合会副会長▽花園大文学部中退▽今治市山方町1丁目

 楠橋康弘(くすはし・やすひろ)40 無新

 不動産管理会社長〈元〉県議・伯方町議・日本青年会議所四国地区協議会長・今治青年会議所理事長▽中央学院大法学部▽今治市伯方町木浦

◇3区 候補者数3

 白石洋一(しらいし・よういち)46 民新[比]〈社〉〈国〉

 〈元〉監査法人社員・日本長期信用銀行員▽東大法学部▽西条市神拝甲

 宮脇繁(みやわき・しげる)47 諸新

 幸福実現党県副代表・幸福の科学職員〈元〉高校教諭▽関西大文学部▽新居浜市庄内町2丁目

 白石徹(しらいし・とおる)53 自新[比]〈公〉

 ケーブルテレビ会社取締役〈元〉県議・日本青年会議所副会頭・建設会社代表取締役▽早大理工学部▽新居浜市久保田町3丁目

◇4区 候補者数4

 山本公一(やまもと・こういち)61 自前(5)[比]〈公〉

 党総務副会長〈元〉衆院国交委理事・党副幹事長・総務副大臣・衆院内閣委員長・環境政務次官・県議・旅客船会社長▽慶大経済学部▽宇和島市広小路

 桜内文城(さくらうち・ふみき)43 無新〈み〉

 会計士補〈元〉経済財政諮問会議専門委員・新潟大准教授・財務省財政制度等審議会専門委員・文書課長補佐▽東大法学部▽宇和島市保手5丁目

 高橋英行(たかはし・ひでゆき)37 民新[比]〈社〉〈国〉

 綿製品製造会社員▽拓殖大工学部▽八幡浜市

 露口礼子(つゆぐち・れいこ)55 諸新

 幸福実現党県副代表・幸福の科学職員▽土佐女子高▽宇和島市鶴島町

■小選挙区の党派別候補者数

    1区   2区   3区   4区   前  元  新  合計

自民  1☆   1☆   1☆   1☆   3  0  1  4(4)

民主  1☆   0    1☆   1☆   0  0  3  3(3)

公明  0    0    0    0    0  0  0  0(0)

共産  1☆   0    0    0    0  0  1  1(1)

社民  0    1☆   0    0    0  0  1  1(1)

国民  0    0    0    0    0  0  0  0(0)

みんな 0    0    0    0    0  0  0  0(0)

改革  0    0    0    0    0  0  0  0(0)

大地  0    0    0    0    0  0  0  0(0)

日本  0    0    0    0    0  0  0  0(0)

諸派  1    1    1    1    0  0  4  4(0)

無所属 1    1    0    1    0  0  3  3(0)

合計  5(3) 4(2) 3(2) 4(2) 3  0 13 16(9)

 ☆は重複候補あり、カッコ内は重複候補者数

 (諸派は幸福実現党)

検索フォーム