現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. 地方ニュース
  3. 滋賀
  4. 記事

候補者の主な政策を聞く

2009年8月22日

印刷印刷用画面を開く

 中盤戦にさしかかった衆院選。県内の4小選挙区に立候補した15人は、有権者に何を訴えているのか。各候補に主要な政策を三つ挙げてもらい、その理由を聞いた。ポスターとともに紹介する。

 (届け出順。氏名は原則として日常使用名。年齢は投票日現在の満年齢。カッコ内数字は当選回数。[比]は比例区重複候補者。〈 〉内政党は推薦・支持)

◇1区 候補者

◆対中章哲氏 58 諸新

 【北朝鮮のミサイル阻止】北朝鮮の核ミサイルの脅威に備えるため、憲法を改正し防衛権を定め、国民の安全と生命と財産を守ります。

 【消費税の撤廃】景気回復のため、消費にブレーキをかけている消費税をなくして、消費景気拡大を行い、税収入を増やします。

 【人口3億人国家の実現】財政再建、年金問題解決のため、積極的な人口増加策で3億人国家を目指し、30年に国内総生産世界一を実現。

◆川端達夫氏 64 民前(7)[比] 〈国〉

 【子育て・教育が安心してできる】子どもは社会の宝。中学卒業までの「子ども手当」の支給、高校の実質無償化などで、子どもの育ちを応援。

 【病気・老後の不安をなくす】社会保障制度の抜本改革の実行。適切な医療や介護が受けられ、消えない年金の実現などで生きていく希望を。

 【税金を国民生活第一に使う】官僚まかせの政治を打破し、ムダづかいと天下りを根絶することが、わたしたちの暮らしの向上につながる。

◆川内卓氏 53 共新[比]

 【派遣労働を規制し雇用の安定】雇用は正規を原則として、最低賃金を引き上げ、長時間労働を規制して、人間らしく働けるルールを確立する。

 【安心できる社会保障制度の実現】社会保障費の削減をやめ、最低保障年金創設や75歳以上と乳幼児の医療費無料化など安心できる制度をつくる。

 【消費税増税に頼らない財源確保】軍事費や大型公共事業のムダを削り、大企業や金持ちへの減税を見直し、国民負担を増やさず財源を確保する。

◆上野賢一郎氏 44 自前(1)[比] 〈公〉

 【政治への信頼回復】密室政治や違法献金などの「古い政治からの決別」。官僚の既得権をなくし、国会議員も削減して襟を正す。

 【暮らしと生命の安心回復】教育や医療介護で安心を取り戻す。年金は公平な一元化を目指す。北朝鮮など現実的な脅威には毅然(きぜん)と対応。

 【未来への確信回復】経済活力を維持し、環境や新技術開発、文化などの分野で世界に貢献する21世紀型の先進国を目指す。

◇2区 候補者

◆藤井勇治氏 59 自前(1)[比] 〈公〉

 【年金・介護・医療・子育ての支援】暮らしのやすらぎ、豊かさのため福祉を拡充し、保育の充実、給付型奨学金の創設、教育費の負担軽減をする。

 【湖東・湖北の米づくり農業の再生】力強い農業で所得と食糧需給率の向上。その原動力は米づくり。国の農業の再生が湖東・湖北の礎だ。

 【景気の回復・働く場所の確保】積極的な企業誘致、湖東と湖北に第3のインターチェンジ設置などによる基盤整備で課題を克服していく。

◆田島一成氏 47 民前(2)[比] 〈国〉

 【国の予算を抜本的に組み替える】中央省庁の牛耳る膨大な予算のムダ、不要不急な事業、天下りなどを徹底根絶し、予算を抜本的に組み替える。

 【格差のない社会を創(つく)る】子育てや教育、年金、医療・介護など福祉に対する大きな不安と不信を解消して、格差のない社会を創る。

 【元気な地域社会を創る】農林漁業への戸別補償制度、郵政民営化見直しなどで地域経済が活性化し、各世代が支えあう社会を創る。

◆池田信隆氏 49 諸新

 【大減税】消費税、相続税、贈与税をゼロにします。徹底した減税路線をとり、消費景気を起こし日本を元気にします。 

 【国防強化】毅然たる国家として独自の自衛体制を築きます。北朝鮮のミサイルで一人の国民の命も失わせません。

 【夢のある国へ】積極的人口増加策で、年金問題を根本的に解決します。30年に国内総生産(GDP)世界一を実現します。

◇3区 候補者

◆木村真佐美氏 54 共新

 【労働派遣法を改正し雇用の安定を】雇用は正社員が当たり前。大企業に社会的責任を果たさせ、同一労働同一賃金などを進め、景気回復をはかる。

 【社会保障の充実で安心と希望を】後期高齢者医療の廃止。児童手当の2倍化。生活保護の母子・高齢化加算の復活。高校授業料の無償化など。

 【憲法を生かした平和な国づくり】世界は核兵器廃絶と非軍事同盟の方向に大きく進んでいる。軍事一辺倒から抜け出し、非核の日本をめざす。

◆宇野治氏 61 自前(2)[比] 〈公〉

 【景気の順調な回復】一番大事なことは景気を順調に回復させることです。これが雇用の拡大あるいは中小企業問題につながります。

 【不安なく子育てできる環境を】3〜5歳児の教育費用は段階的に軽減し、12年度には完全に無償化するなど子育てに心強い政策を。

 【老後の安心を支え続ける年金制度】老後の生活を支える柱となるよう、3年以内に無年金・低年金対策のための具体策を実施します。

◆三日月大造氏 38 民前(2)[比] 〈国〉

 【社会保障制度の抜本的見直し】国民生活の不安を解消するため、今の年金・医療・介護等の社会保障制度を抜本的に見直さなければならない。

 【子育て支援と教育政策の拡充】子どもを安心して産み、育てられる環境を整える。社会全体での子育て支援は、日本の未来への投資である。

 【地域主権国家の樹立】ひもつき補助金を廃止し、各自治体に権限、財源、人材を移譲し、地域のことは地域で決める制度に改める。

◆森川貢次氏 47 諸新

 【大減税によって景気の回復】消費税ゼロ、相続税ゼロ、贈与税ゼロで消費経済を拡大させ景気を回復させ、元気な日本を復活します。

 【国民の生命、安全、財産を守る】隣国の軍事の脅威から国民を守れるよう毅然とした防衛体制を確立します。そのために憲法9条を改正します。

 【未来ビジョンを示します】人口3億人国家、国内総生産世界一を実現。人口増加策と経済成長で少子高齢化の不安をふっとばします。

◇4区 候補者

◆武藤貴也氏 30 自新[比] 〈公〉

 【ゆりかごから墓場まで】基礎年金を税方式とする年金制度改革や、教育・子育て支援の強化、地域医療体制のいっそうの充実を目指す。

 【自立した国家像の提示】変化する国際社会の中で日本の役割を見直し、外交安全保障・食糧自給など各分野で日本の自立化を促す。

 【第1次、2次産業の発展、向上】農業・林業・漁業など第1次産業の再生と、中小零細企業を中心とする第2次産業の活性化を推進する。

◆坪田五久男氏 50 共新

 【人間らしく働ける雇用ルールを】労働者派遣法の抜本改正で正規社員を増やし、残業の上限の規制などで過労死を根絶します。

 【安心して受けられる社会保障を】後期高齢者医療制度の廃止。窓口負担ゼロをめざし、子どもと高齢者の医療費を無料にします。

 【安全な食料は日本の大地から】コメの生産が減少する日米FTA(自由貿易協定)の締結を許さず、価格保障、所得補償をおこないます。

◆奥村展三氏 65 民前(2)[比] 〈国〉

 【希望ある将来への年金制度構築】年金を一元化し、歳入庁により税と保険を一括管理。年金手帳を交付し、自分の記録を確認できるようにする。

 【次代を担う子育て支援】子ども1人当たり月額2万6千円の子ども手当を創設し、中学校卒業まで支給。公立高校の授業料無料化。

 【生活と環境の原点である農業】すべての販売農家の所得・生産性を補償する「戸別所得補償制度」を創設。農林漁業の自立化支援を促進する。

◆曽我周作氏 30 諸新

 【消費税をゼロに!】消費税を上げれば消費が落ち込むのは過去のデータが証明している。消費税を廃止し景気を回復させます。

 【国防こそ国の要】北朝鮮の核とミサイルに対して、毅然とした態度で臨みます。そして、国民の生命と財産をしっかり守ります。

 【少子化対策への取り組み】少子化を防ぎ、国の発展・繁栄を実現します。土地利用の規制緩和を進め、安心した子育てに取り組みます。

検索フォーム