現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. ニュース
  3. 記事

「しっぺ返し解散」「南極物語解散」…命名集(上)

2009年7月21日21時0分

印刷印刷用画面を開く

 真夏の戦いに向けて麻生首相が決断した衆院解散をどうみるか。各界の人たちに名付けてもらった。

 ■しっぺ返し解散/反貧困ネットワーク事務局長の湯浅誠さん

 自民党は前回総選挙で大勝して以降、「みんなが我慢して今を乗り切れば、企業が成長し、生活は自然によくなる」と言ってきた。しかし、国民は生活保護の母子加算廃止、後期高齢者医療制度、派遣切り問題などで痛みを強いられっぱなしだ。みんなが自分の将来に不安を抱き、政権への批判が大きく膨らむ中で解散せざるを得なくなったのは末期的。痛みに耐えてきた国民が、自民党にしっぺ返しをした形だ。

 ■南極物語解散/経済アナリストの森永卓郎さん

 南極に置き去りにされた自民党議員たちは、民意の猛吹雪の中、次々に凍死していく。救助を試みる南極観測船(自民党)もあきらめるほかない。結局、生き残るのは毛並みのいいタロ(麻生太郎首相)とジロ(小泉元首相の後継の進次郎氏)。今回の自民党の立場は、前回の郵政選挙での民主党と同じだ。逆転満塁ホームランを打つしかないが、鳩山さんの「故人献金」問題でも攻めきれず、万策尽きた感がある。

 ■損切り失敗解散/漫画家の倉田真由美さん

 “自民城”の中は、やけくそになって火が放たれたり、仲間割れが起こったりと、「もはやこれまで」の白旗直前状態に見える。撤退(解散)の決断をもっと早く下すべきだった。城主の麻生首相だけが悪いのではない。「いま解散しちゃ困る」と、ほかのみんなもマイナスの流れに引っ張りすぎた。株で言うところの、早めの「損切り」に踏み切れず、結局は大損してしまうという典型的な負けパターンだ。

 ■お手上げ解散/政治アナリストの伊藤惇夫さん

 与党にとってみれば、打つ手(麻生内閣の支持率低下に歯止めをかける方法)がなく、任期満了が近づくなかでは逃げる手(延長戦への持ち込み)もなく、解散に突入してしまった。まさにお手上げ状態だ。とは言え、解散から投票まで40日もある長丁場。いまの選挙は、いつ変わるかわからない風向きに大きく影響を受ける。ただ、与党が上げた手は穴だらけで、仮に風が吹いてもうまくつかめそうにはない。

 ■断末魔解散/同志社大法学部教授(国際関係論)の村田晃嗣さん

 自民党は内輪の両院議員総会すら恐れている状態で、さらに厳しい総選挙を戦うという。まさに断末魔だ。任期満了と変わらない形ばかりの解散に追い込まれた麻生首相にみられるように、頼りになるリーダーの不在という政界の人材不足が浮き彫りになった。内政の混乱に加え、金融危機や中国の台頭、北朝鮮問題などで国際的にも重要な時期。仮に民主党が政権を取ったとしても、当面は政局などで混乱が続くのではないか。

 ■日食解散/推理小説作家の有栖川有栖さん

 与党として太陽の座にあった自公が、とうとう野党の月の陰に隠れてしまう。22日の皆既日食と同じだ。しかし、日食ならいずれ太陽は月の覆いから顔をのぞかせる。今の自民党にその力があるかどうか疑問だ。かといって民主党が新たな太陽になれるかどうかもわからず、社会は息苦しさに満ちている。民主党にみんなが期待しているわけではないが、自民党にはもっと期待できない、というのが現状だろう。

検索フォーム