現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. ニュース
  3. 記事

新型インフル、総選挙に新たな敵 事務所に消毒液も

2009年8月23日5時8分

印刷印刷用画面を開く

写真インフルエンザ対策のため選挙事務所に置かれたアルコール消毒液=20日午後、大阪府寝屋川市、森井英二郎撮影

 感染が拡大する新型インフルエンザは、総選挙の戦いのまっただ中にある陣営にとっても、新たな敵だ。候補者のみならず、スタッフが欠けても情勢に影響しかねない。大阪府寝屋川市にある選挙事務所の入り口には消毒液が常備され、20日午後も、中に入る人たちが、念入りに手を消毒していた。事務所では、体調管理に細心の注意を払うよう、スタッフらに言い含めているという。

検索フォーム