現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. ニュース
  3. 記事

河村官房長官の選挙事務所、れんが投げ込まれる 山口

2009年8月28日11時49分

印刷印刷用画面を開く

 28日午前1時半ごろ、衆院選山口3区に立候補している自民前職で官房長官の河村建夫氏(66)の山口県宇部市昭和町4丁目の選挙事務所にれんがが投げ込まれたと、事務所関係者が110番通報した。けが人はなかった。宇部署が器物損壊などの疑いで調べているが、同署は事実関係は公表しない、としている。

 事務所関係者によると、当直の男性がガラスの割れる音に気づき、確認したところ、事務所内にれんがが投げ込まれていたという。選挙運動用に本来の事務所に併設されたプレハブの事務所で、警備システムがないため、関係者が泊まり込んでいた。宇部市内では公示前にも自民党の立て看板が引き抜かれるなどのトラブルがあったという。

検索フォーム