現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. ニュース
  3. 記事

選挙事務所、空き巣被害相次ぐ 北九州地区

2009年8月28日15時0分

印刷印刷用画面を開く

 28日午前6時すぎ、北九州市八幡西区黒崎5丁目にある衆院選福岡9区の候補者の選挙事務所が荒らされているのが見つかり、事務所側が県警八幡西署に被害を届けた。同署は建造物侵入、窃盗事件として捜査している。北九州地区では今月中旬以降、後援会事務所や選挙事務所の空き巣被害が相次いでいるといい、関連を調べている。

 八幡西署などによると、28日朝にスタッフが、事務所内が荒らされ、ノートパソコン1台や小銭がなくなっているのに気づいた。犯人は2階トイレの窓から侵入した疑いがあるという。

 25日には、同市門司区中町にある福岡10区の候補者の事務所で窓ガラスが割られ、ペットボトル5本がなくなる被害があった。福岡県行橋市と苅田町では公示前の13〜15日、福岡11区や比例区に立候補した候補者3人の後援会事務所計4カ所が空き巣被害に遭い、現金や携帯電話が盗まれたという。

検索フォーム