現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. ニュース
  3. 記事

福岡2区・山崎氏 「自民、国民の期待裏切った」

2009年8月31日2時2分

印刷印刷用画面を開く

写真落選のおわびを述べ、支持者に頭を下げる山崎拓氏=30日午後9時16分、福岡市中央区春吉、柏木和彦撮影写真支持者に落選のおわびをする山崎拓氏=30日午後9時15分、福岡市中央区春吉、柏木和彦撮影写真厳しい表情で記者の質問に答える山崎拓氏=30日午後9時19分、福岡市中央区春吉、柏木和彦撮影

 福岡2区では、13回目の当選を目指した元党副総裁の自民前職、山崎拓氏(72)が民主新顔の稲富修二氏(39)に敗れた。「自民党として、国民の期待を裏切るような国政運営が積み重なったのではないか」と語り、支持者に頭を下げた。比例区での復活もならなかった。

 福岡・天神を含む九州随一の都市型選挙区。選挙戦中盤、住宅団地前でマイクを握ったが、聴衆が見あたらない。「こんなに人がいない場所で話したことはない」。同行した県議が嘆いた。

 小泉元首相、加藤紘一元幹事長と組んだ「YKK」トリオの動向が注目を集めた。党三役や閣僚を歴任。98年には自らの派閥を結成した。しかし、派閥領袖(りょうしゅう)も逆風にあらがえなかった。

 会見で進退を問われると、「党の再建が優先。当面、引退は考えておりません」と言明した。

検索フォーム