現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. ニュース
  3. 記事

衆院解散・総選挙へ 8月18日公示、30日投開票

2009年7月21日14時24分

印刷印刷用画面を開く

写真衆院の解散詔書が読み上げられ、万歳する国会議員たち=21日午後1時4分、国会内、相場郁朗撮影写真衆院解散を決定する閣議に臨む麻生首相(中央)=21日午前8時すぎ、首相官邸、河合博司撮影図拡大  

 衆院は21日午後の本会議で解散された。政府はただちに臨時閣議を開き、総選挙の日程を「8月18日公示、同30日投開票」と決めた。自民、民主の2大政党が激突する「政権選択選挙」が事実上スタートする。民主党が政権を奪取するか、自民、公明両党が過半数を確保して連立政権を維持するのかが最大の焦点だ。

 麻生首相は21日朝、衆院解散を決めた閣議で、「未来に向かい、安心で活力ある社会を責任を持って実現しなければならない。国民のさらなる理解が必要で、国民の信を問うため解散を決断した」と述べた。解散書類には、与謝野財務相を含む全閣僚が署名した。首相はこの後、首相官邸で公明党の太田代表と会談して結束を確認。夕方に記者会見し、総選挙に臨む決意を国民に訴える。

 衆院本会議は午後1時から開かれ、河野洋平議長が冒頭、解散詔書を朗読した。今回の解散は、内閣の助言と承認による天皇の国事行為を定めた憲法7条を根拠にしている。総選挙は05年9月、小泉首相(当時)の下、郵政民営化を争点として自民、公明両党が圧勝した郵政選挙以来、約4年ぶり。

 1955年の保守合同以来、細川、羽田両内閣での約11カ月を除き、一貫して政権与党の座にある自民党が政権を維持できるかどうかが最大の焦点。細田博之幹事長は21日の記者会見で「勝敗ラインは自公で過半数」と述べた。

 一方、官僚主導からの脱却と「しがらみのない政治」の実現を掲げる民主党は21日午前、両院議員総会を開き、鳩山代表が「国民総参加、政治主導で新しい政治を起こす、大きな革命的な総選挙だ。歴史的使命感をもって臨まなければならない」と政権交代への決意を語った。解散直後に全立候補予定者に公認証書を渡し、鳩山氏が記者会見する。同党は参院で単独過半数に達していない現状を考慮し、総選挙で衆院の過半数を獲得しても、社民、国民新両党と連立を組む方針だ。

検索フォーム