現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. ニュース
  3. 党首第一声

党首第一声(主な政党)

自民党 麻生太郎総裁

政策実行する責任力見て

2009年8月18日

印刷印刷用画面を開く

写真自民党・麻生太郎総裁

 自民党内で結束の乱れがあり、まとまっていないという意見もあった。力不足を含め、おわび申し上げる。規制緩和による地域間格差やワーキングプア、国民が心配する問題に配慮が足りなかった。率直にゆがみを認め、対応したい。政局より政策、景気対策を優先すべきだと確信し、予算編成を4回やり、経済は先行きに明るさが出てきたが、肌で景気を実感できるところまで至っていない。景気最優先でやる。民主党みたいに予算を組み替える愚かなことはしない。政権ではなく、政策を選択してください。どの党が政策を実行する責任力があるか。日本を、国民の生活を守るのは自由民主党だ。(東京都八王子市で)

検索フォーム