現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. ニュース
  3. 党首第一声

党首第一声(主な政党)

公明党 太田昭宏代表

清潔政治実現へ決定打を

2009年8月18日

印刷印刷用画面を開く

写真公明党・太田昭宏代表

 政権選択の選挙と言われるが、大事なのは政策の中身だ。ぶれない政策とやり抜く力を持っているのは公明党。民主党は「子ども手当」と言っているが、いい加減にしてもらいたい。00年以降、児童手当(拡充)に4回とも反対したのが民主党だ。民主党は財源なき政策、くるくる変わるマニフェスト、危うき安全保障、党首2代の献金偽装がある。この選挙で、生活実感の選挙に変えようではないか。清潔政治実現への決定打を打とうではないか。生活を守るのは公明党。景気、経済回復に全力をあげる。医療、介護、子育て、若者の雇用支援に力を注ぐ。厳しい選挙戦を勝ち抜かせていただきたい。(横浜市旭区で)

検索フォーム