現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. ニュース
  3. 党首第一声

党首第一声(主な政党)

みんなの党 渡辺喜美代表

国民の手に政治取り戻す

2009年8月18日

印刷印刷用画面を開く

写真みんなの党・渡辺喜美代表

 この国の国家経営のゆがみをたださなければ、この国は終わってしまう。妊婦の病院のたらい回し、3万数千人と言われる自殺者。政治のゆがみが生活の前に立ちはだかり、政治が解決できないでいる。いまの自民党では、このゆがみを変えることができない。国民の手から政治が離れて久しい。我々が原点に返って、国民の手に政治を取り戻す。税金や保険料が官僚のへそくりになっているとしたら、洗いざらい発掘し、国民にお返しする。私たちは政権交代を目指す。「みんなの党」は皆さんの党だ。真の改革新党だ。政権交代プラス政界再編によって脱官僚、地域主権、生活重視の三つが花開く。(栃木県大田原市で)

検索フォーム