現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. ニュース
  3. 党首第一声

党首第一声(主な政党)

改革クラブ 渡辺秀央代表

改革か、革命かの選択だ

2009年8月18日

印刷印刷用画面を開く

写真改革クラブ・渡辺秀央代表

 今回の選挙は政権交代とか言われている。しかし、まさに改革か、革命かの選択だ。民主党を中心とする野党の考えは革命理論だ。革命は今までのすべてを否定する。議会制度を否定し、新たな政権による独占体制を敷くねらいがある。民主党に政権を取らせたら日本はダメになる。間違いなく確信を持ったから、民主党を離れ、改革クラブを結成した。改革こそ保守である。(堺市中区で)

検索フォーム