現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. ニュース
  3. 記事

幸福実現党は337人擁立 大川総裁は比例近畿1位

2009年8月18日18時49分

印刷印刷用画面を開く

 幸福実現党は18日、288の小選挙区と11の比例ブロックに計337人を擁立した。比例東京ブロックでの立候補を取りやめるとしていた大川隆法・党総裁は、比例近畿ブロックの1位で立候補した。

 大川総裁の近畿ブロックへの立候補について同党広報局は、「比例東京ブロックでの立候補取りやめは総裁欠席の下での役員会の決定で、誤った発表となった。総裁は京都府にいたことがあるなど、近畿ブロックに縁がある」としている。

 同党は当初、全小選挙区への候補者擁立を準備していたが、公示直前、「保守票をまとめるため他党と選挙協力できる最大で40〜50選挙区については擁立を見送る」と発表した。最終的に見送ったのは、東京3区や神奈川1区など12選挙区にとどまった。

検索フォーム