現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. ニュース
  3. 記事

《注目・茨城1区》ばんそうこうで笑い誘う

2009年8月18日19時8分

印刷印刷用画面を開く

 水戸市内であった出陣式で、民主新顔の福島伸享氏(39)は「茨城1区は『水戸の乱』といわれている。医師連盟や郵政政策研究会をはじめ、自民を支援していた皆さんが、今度こそ国を変えようと立ち上がっている」と声を張り上げた。

 茨城県医師連盟は、後期高齢者医療制度に反対し、初めて民主公認候補を推薦。茨城1区を重点区とし、この日も50人を応援に派遣した。原中勝征委員長もあいさつに立ち、「初めて民主の台に立ちました」と語った。

 同区では元農水相で自民前職の赤城徳彦氏(50)や共産新顔の田谷武夫氏(58)ら4氏が激突。農水相時代の会見で顔のばんそうこうが話題になった赤城氏は、第一声でミッキーマウスの絵の入ったばんそうこうを掲げて笑いを誘い、「明るい将来を築くための戦い」と意気込んだ。

検索フォーム