現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. ニュース
  3. 記事

「日の丸ひっちゃぶいた」 首相、演説で民主を批判

2009年8月20日12時6分

印刷印刷用画面を開く

 麻生首相は20日午前、鹿児島県霧島市で街頭演説し、民主党が日の丸を上下につなぎ合わせた民主党旗を掲げていた問題について、「(民主党が)日の丸の旗をひっちゃぶいた。ふざけた話でしょうが。日の丸ですらきっちりできない」と強く批判した。

 この旗は、8日に民主党の小沢一郎代表代行を招いて同市で開かれた集会でステージに掲げられた。岡田克也幹事長は後日、旗を掲げた候補者の陣営を厳重注意している。

 首相は「自民党と公明党が一緒になって国旗国歌法を通した時、ごちゃごちゃとまとまらなかったのも民主党だった」とも指摘した。

検索フォーム