現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. ニュース
  3. 記事

「自公で過半数」首相、ようやく勝敗ライン示す

2009年8月21日22時57分

印刷印刷用画面を開く

 麻生首相は21日夜、テレビ東京の番組収録で、総選挙の目標議席についてフリップに「自公政権維持」と記した。司会者から「(自公で)過半数ということですね」と問われ、「そういうことです」と述べ、自民、公明の与党で241議席獲得が勝敗ラインであることを初めて認めた。

 首相はこれまで会見やインタビューなどで勝敗ラインを聞かれても、「いま仲間が一生懸命戦っている最中に、あれこれ数字を言うべきではない。負けることを前提に話をすることは(できない)」と明言を避け、公認候補全員の当選をめざす考えを示していた。

 しかし、朝日新聞など報道各社の情勢調査で民主党圧勝が伝えられ、自公で過半数維持との目標を明確にしたとみられる。

検索フォーム