現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. ニュース
  3. 記事

埼玉県警の警官13人、派遣業パーティーで候補者と同席

2009年8月28日5時59分

印刷印刷用画面を開く

 埼玉県警の警察官13人が今月初め、選挙カーで候補者名などをアナウンスする女性の人材派遣などを手がける業者のパーティーに参加し、総選挙の立候補予定者らと同席していたことが県警などへの取材で分かった。県警は「地方公務員法などに違反していない。特定の政党を支持するような行為もなかった」として処分しない考えだが、24日付で「捜査の公正さを疑われる会合への出席は慎重に」と全職員に指示した。

 県警や業者の説明では、パーティーは業者の設立を記念し、今月2日、県西部の市で開かれた。業者の親族が県警の警察官で、その同僚などとして県警刑事部などの警察官13人が招待され、会費1万円を払って出席した。選挙違反の取り締まりに直接携わる捜査員もいた。

 催しには、埼玉の小選挙区への立候補予定者や参院議員、県議、市議が出席。いずれも保守系の議員だった。ある出席者によると、総選挙を話題にした立候補予定者のあいさつがあり、リーフレットやポスター、名刺入りの封筒も配られたという。

 指摘を受けて県警が事情を聴いたところ、13人は「業者が運動員を派遣しているという認識がなかった」「同僚との内輪の飲み会だと思った」などと話し、立候補予定者らの出席も、会場に行って初めて知ったという。

 警察庁と県警は、7月21日付で全職員に、総選挙の違反取り締まりに向け、「各種団体の会合については、取り締まりの公平さに疑念を抱かれる恐れがないか、出欠を慎重に検討し対処」するよう、文書で通達している。

 県警警務課は「会合の趣旨自体は選挙に関するものではない。法律で禁じられている特定党派を支援するような行為もなく、問題はない」としたうえで、「取り締まりに疑念を抱かれることのないよう徹底したい」としている。

 一方、業者側は「会合は1年前から日程が決まっており、捜査員はあくまで親族の同僚として出席してもらった。問題はないと考えている」と説明している。

検索フォーム