現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. ニュース
  3. 記事

衆院選選挙違反容疑で190件着手へ 各警察本部

2009年8月30日5時0分

印刷印刷用画面を開く

 警察庁は、衆院選にからんで約190件の公職選挙法違反容疑があり、全国の警察本部が捜査を始める予定だと29日発表した。29日午前までの各本部からの報告をまとめたもので前回に比べて約40件増。半数以上が買収容疑だという。投票終了後に約420人から任意で事情を聴く方針。

 28日までの逮捕者は20人(前回比5人減)で、いずれもポスターをはがしたり街頭演説を妨害したりする自由妨害容疑。警告数は3112件(前回比408件増)だった。

検索フォーム