現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. ニュース
  3. 記事

麻生首相、総裁辞任を表明 「反省の上に立って出直し」

2009年8月31日2時15分

印刷印刷用画面を開く

写真自民党本部で開票速報を見守る、左から笹川尭総務会長、麻生首相、細田博之幹事長=30日午後10時29分、東京・永田町、越田省吾撮影写真厳しい開票状況について話す麻生首相=30日午後10時15分、東京・永田町の自民党本部、河合博司撮影写真厳しい開票状況について話す麻生首相=30日午後10時40分、東京・永田町の自民党本部、越田省吾撮影

 麻生首相は30日、テレビ各局のインタビューに対し、「国民の声を真摯(しんし)に受け止め、反省の上に立って、出直さなければならない」と述べ、自民党総裁を辞任する考えを示した。総裁選の時期については「首相指名が行われた後、地方の党員党友を集めて、多くの皆さまの意見を聞いて行う」と述べ、自らの総裁任期が9月30日まであり、時間をかけて党再建に取り組むため、特別国会終了後が望ましいとの考えを示した。

 自民党は31日に役員会を開き、総裁選日程など今後の対応を協議する。首相は自身の再出馬について「私の方からその種のことにお答えすることはありません」と語った。

 自民党の細田博之幹事長は30日夜、首相公邸で首相に会い、党三役と石原伸晃幹事長代理は辞任する意向を伝えた。埼玉、静岡、愛知など13県で小選挙区の議席がゼロになったほか、首相経験者や派閥領袖(りょうしゅう)も落選、解党的出直しを迫られる。

 公明党も小選挙区で全敗し、過去最低の25議席を下回る21議席となるなど歴史的な敗北を喫した。太田代表、北側一雄幹事長、冬柴鉄三元国土交通相が落選し、太田氏は代表辞任を示唆した。

検索フォーム