現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. ニュース
  3. 記事

元首相や派閥トップ、閣僚経験者が相次いで落選 与党

2009年8月31日2時18分

印刷印刷用画面を開く

写真厳しい開票状況について話す麻生首相=30日午後10時40分、東京・永田町の自民党本部、越田省吾撮影写真落選が決まり、支持者らに頭を下げる海部俊樹氏=30日午後9時27分、愛知県美和町、加藤丈朗撮影写真東京1区で落選し、支持者に頭を下げる与謝野馨氏=30日午後11時47分、東京都新宿区、諫山卓弥撮影写真小選挙区で落選し、支持者に頭を下げる中川昭一氏=帯広市、吉本美奈子撮影写真京都1区での落選が決まり、ぼうぜんとする伊吹文明氏。その後比例復活当選した=30日午後9時54分、京都市中京区、高橋一徳撮影写真落選のおわびを述べ、支持者に頭を下げる山崎拓氏=30日午後9時16分、福岡市中央区春吉、柏木和彦撮影写真東京12区の民主党候補の当選を伝えるテレビを見る公明党の太田代表=30日午後11時45分、東京都新宿区の党本部、松本敏之撮影

 30日投開票の総選挙で、民主党は記録ずくめの圧勝となった。獲得議席数は単独政党で過去最多となり、議席占有率も戦後最高に。その半面、惨敗した与党では、元首相や派閥の領袖(りょうしゅう)、閣僚経験者が相次いで落選。小選挙区比例代表並立制に変わった96年の総選挙以来、自民党が負け知らずの選挙区でも、次々と民主党などに議席を明け渡した。

 民主党は小選挙区(定数300)と比例区(同180)合わせて308議席を確保し、衆参同日選だった86年の自民党が得た300議席(同512)を上回った。議席占有率でも、戦後最高だった60年の63.4%を超えることが確実となった。前回は52人だった小選挙区での当選者は4倍を超え、過去最多の221人に達した。

 一方、前回05年総選挙の小選挙区でこれまで最多の219議席を獲得した自民党は激減。64議席と3割以下になった。比例区を合わせても119議席にとどまる歴史的惨敗を喫した。

 公明党は、太田代表や北側一雄幹事長をはじめ全8選挙区で議席を失った。社民、国民新両党が3議席、みんなの党も2議席を小選挙区で確保。新党日本は田中康夫代表が兵庫8区で公明党の冬柴鉄三元幹事長を破って当選した。比例区重視で小選挙区の擁立を大幅に絞り込んだ共産党は、9議席を維持した。

 首都圏と大阪、兵庫の6都府県(計102小選挙区)の都市部でみると、民主党の87に対して自民党は11。前回、与党は都市部で94勝7敗と民主党を圧倒したが、今回は正反対の結果となった。

 自民党が4回連続当選してきた「全勝区」は95選挙区あったが、今回は54選挙区が民主党、4選挙区が他党や無所属に渡った。小選挙区で1人の当選者もいない自民党の「空白県」は前回、山梨県のみだったが、今回は埼玉、長野、滋賀、沖縄など13県になった。

 結党以来の大敗北となった自民党は、大物議員の落選が相次いだ。17選を果たせなかった自民党の海部俊樹元首相は、首相経験者としては石橋湛山氏以来46年ぶりの落選。笹川尭総務会長や山崎拓元幹事長も苦杯をなめた。中川昭一前財務相、中山太郎元外相、島村宜伸元農水相らも落選した。

 国民新党の綿貫代表は、比例北陸信越ブロックで同党の議席がゼロだったため、落選した。

検索フォーム