現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. ニュース
  3. 記事

民主・田中真紀子氏「『自分党』になった自民、残念」

2009年8月31日2時48分

印刷印刷用画面を開く

写真民主党での初当選を喜ぶ田中真紀子氏=長岡市写真民主党での初当選を喜ぶ田中真紀子氏=長岡市

 「親(故田中角栄元首相)も納得してくれるのでは」と語り、公示直前に民主入りを表明した新潟5区の前職・田中真紀子氏(65)は6回目の当選を決めた。「皆さんが『田中党』と思ってくれていることが分かった。私自身、自民党が大好きな人間だが、現在構成している議員の質が極めて低く『自分党』になったのは残念。生活者目線で誠実な仕事をする」と語った。自民新顔で医師の米山隆一氏は角栄元首相の「後継者」を自任し、前回約2万票差にまで迫られた相手。田中氏を「志がない」と批判したが、民主への追い風は強かった。

 民主入りは「危機感の表れ」と見る関係者も。今回は地元に張り付いて選挙運動を続けた。

検索フォーム