現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. ニュース
  3. 記事

期日前投票、全投票者の19%占める 最多1398万人

2009年8月31日11時9分

印刷印刷用画面を開く

 総務省がまとめた今回の総選挙の確定投票結果によると、期日前投票(小選挙区)は過去最多の1398万4968人が投票し、全投票者の19.42%を占めた。ほぼ5人に1人が利用しており、04年に国政選挙で初めて期日前投票制度が導入されてからの4回で過去最高だった。

 期日前投票は04年参院選で全投票者の12%、05年総選挙で13%、07年参院選で18%。

検索フォーム