現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. ニュース
  3. 記事

公選法違反容疑で事情聴取、家宅捜索始める 全国の警察

2009年8月31日12時47分

印刷印刷用画面を開く

 警察庁は31日午前、衆院選にからむ公職選挙法違反容疑で、全国の警察が運動員ら420人の事情聴取を始めるとともに、選挙事務所などの計12カ所で家宅捜索を始めたと発表した。午前10時までの状況をまとめた。強制捜査になっている事件は数件で、文書頒布違反などの容疑という。

検索フォーム