現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. ニュース
  3. 記事

患者の不在者投票11人分発送忘れ 神奈川・足柄上病院

2009年9月1日10時18分

印刷印刷用画面を開く

 神奈川県立足柄上(あしがらかみ)病院(松田町)は、病院内で総選挙の不在者投票をした入院患者11人分の記入済み投票用紙を、南足柄市選挙管理委員会に送付し忘れていたと8月31日、発表した。同市選管によると11人は投票しなかったとみなされるという。

 同病院によると、同27日に同市選管から、同市に住民票がある11人分の不在者投票用紙が届き、他市町村に住民票がある38人と合わせて同28日に病室で記入してもらった。その後、職員が回収したが、南足柄市の11人分の投票用紙を入れた封筒だけ発送し忘れたという。

 同病院は山本裕司病院長名で「県立病院の信用を損なうもので、投票した方々に心より陳謝する」とコメントした。

検索フォーム