現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. ニュース
  3. 記事

鳩山首相誕生は16日、特別国会召集 2日から連立協議

2009年9月1日20時6分

印刷印刷用画面を開く

 政府は1日、新首相を選ぶ特別国会を16日に召集することを決めた。首相指名は16日に行われ、衆院の3分の2近い議席を占める民主党の推す鳩山代表が第93代首相に選出される。会期は16〜19日の4日間で、衆院の正副議長のほか、常任委員長なども選ぶ。

 自民党の大島理森国会対策委員長が1日の記者会見で発表した。特別国会では16日に正副議長を選出した後、首相指名選挙を実施。17日に常任委員長を選ぶ。鳩山氏は首相就任後直ちに組閣に着手する。

 鳩山氏が今月下旬に米国で開かれる国連総会やG20首脳会合(金融サミット)に出席する意欲を示しているため、政府・与党は「新首相が行くのが、当然のことだ」(大島氏)との理由から16日召集を決めた。

 民主党の山岡賢次国会対策委員長は1日午前、国会内で大島氏と会談し、9月中旬召集を要請していた。

 また、民主党は1日、社民、国民新両党との連立協議を2日に始めることを決めた。

検索フォーム