現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. ニュース
  3. 記事

政権引き継ぎ始動へ 首相、民主への協力を指示

2009年9月2日13時23分

印刷印刷用画面を開く

 民主党は2日、麻生政権から新政権への懸案の引き継ぎを円滑に進めるため、河村官房長官に対し、同党と各省との間で政権移行に伴う話し合いを認めるよう求めた。午後には、社民党が党内手続きを終えるのを待って、国民新党を含む3党連立政権の協議を正式にスタートさせる。

 岡田克也幹事長は同日昼、首相官邸で河村官房長官に各省の情報提供を要請。河村長官は「スムーズな政権移行のために協力する」と応じた。麻生首相も河村長官に協力するよう指示。民主党は各省事務次官ら幹部と協議に入る。

 一方、社民党は日森文尋国会対策委員長の落選に伴う後任人事の調整に入った。後任の国対委員長に阿部知子政審会長を充て、政審会長には辻元清美衆院議員を据える方向で検討されている。

 同党は連立協議に先立ち、2日午後、地方組織の幹部らを集めて全国代表者会議を開き、連立参加を協議する。社民、国民新両党は、与党間の連絡会議設置を求めている。

検索フォーム