現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. ニュース
  3. 記事

麻生首相のメルマガ最終号 総選挙「申し訳ない結果」

2009年9月3日13時57分

印刷印刷用画面を開く

 麻生首相は3日付で麻生内閣メールマガジン第44号(最終回)を配信した。「政治は続く」と題し、惨敗した総選挙結果について「皆さんの期待に応えられず、申し訳ない結果となりました。政府与党への、ご不満、ご批判を真摯(しんし)に受けとめています」と陳謝している。

 首相は「社会の閉塞(へいそく)感、格差の問題など、さまざまな社会問題への不満に効果的に対応できていなかったのではないかなど、真剣に反省せねばならない」と記す一方、景気対策に触れ、「政局よりも政策を優先した判断は国民生活のことを考えれば、決して間違ってはいなかった」。「皆様方の声を真摯(しんし)に受けとめ、今後の再出発を期したい。さらなる精進を続け、皆さんのご期待にお応えできる政治を実現することをお誓い申し上げる」と再起を誓った。

 首相官邸のメルマガは小泉内閣から始まり、登録者数の最高は同内閣発足当初の約227万部。その後は150万から160万部で推移し、麻生内閣も150万部前後だった。次期首相が確実な民主党の鳩山代表が内閣メルマガを出すかどうかは未定。ただ、鳩山氏は自身のメルマガ「はあとめーる」を400回以上配信している。

検索フォーム