現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. 特集
  3. マニフェスト
  4. 記事

改革クラブ 消費税を検討

2009年8月16日

印刷印刷用画面を開く

 1年前に結成した改革クラブ(渡辺秀央代表)は、総選挙向けの公約「改革マニフェスト」を出した。「改革する保守政党」を掲げ、(1)社会保障財源としての消費税議論開始(2)郵政の見直し議論開始(3)衆参の選挙制度見直し――などを柱にした。

 景気対策のため定額減税実施を提案。20年の温室効果ガスを05年比15%削減という自民党と同じ中期目標も。社会保障では「国民生活安心番号制度」導入、年金受給資格期間の短縮などを盛る。憲法9条改正を唱え、自主憲法制定を目指すとした。

検索フォーム