現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. 特集
  3. 記事

《朝日・東大調査 候補者の考え》分析の方法

2009年8月19日

印刷印刷用画面を開く

 「候補者の考え 各党で平均すると」の表は、33の質問それぞれについて、各党候補の回答の平均値を示した。

 「候補者ごとの政策位置」のグラフは、33のうち※印のついた20質問への回答をもとに「因子分析」という手法で分析した。「経済対策」軸の各候補の位置には、公共事業、財政出動、道路予算、消費税、基礎年金の各質問への回答が強く影響している。「外交・社会」軸で強く影響しているのは、公共事業と財政出動、外国人労働者、基礎年金を除く各争点。とくに憲法・防衛力強化・集団的自衛権・自衛隊海外派遣など。05年も同じ質問をしたのは◇印のついた10項目。

検索フォーム