現在位置:
  1. 2010参院選
  2. 地方ニュース
  3. 青森
  4. 記事

伊奈かっぺいさん「特異な自民王国、どうなるか」

2010年6月25日

印刷印刷用画面を開く

このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真伊奈かっぺいさん

(タレント、伊奈かっぺいさん)

 昨年の衆院選で青森は、公認候補のいなかった1区を除く2〜4区で自民が全勝する全国でも特異な県だった。

 有権者は自民王国を支える矜持(きょうじ)を示したのか、「しがらみから抜け出せない」という古さを露呈してしまったのか。自民が下野した今回の選挙で、自民王国・青森がどうなるのか一番気になる。

 選挙は大変だ。勝った方も負けた方も相手から恨まれる。僕も約20年前、青森市長選で片方を応援して、その後の人間関係ではえらい苦労をした。

 「津軽選挙」はカネで票を買う体質があるという悪い意味で使われる。そんな体質が今も色濃く残っているなら困ったもんだ。僕はこの「津軽選挙」という言葉を広辞苑に載せたらいいと主張しているけど、残念ながらまだ実現していない。

 一方で、とにかく盛り上がることも津軽選挙の特徴だ。ただ、最近は若い人たちが選挙に行ってくれない。

 無党派層の人も、津軽選挙を娯楽として楽しんでみたらどうか。「政治家はカネに汚い」と冷めている若い人がいる。でも政治家には、汚い人か、まだ汚い部分が見えていない人しかいない、と割り切るしかない。まずは「この政党、この党首がなんとなく好き」という軽い気持ち、ミーハーな気持ちでいいから、一票を投じてほしい。

 若者ら無党派層が大勢投票すれば、買収もやりづらくなる。津軽選挙の負の面は、いつか薄れるはずだ。


候補者データベース

主な政治日程

6/16(水) 通常国会閉会
6/24(木) 参院選公示
7/11(日) 参院選投開票

携帯でも最新情報を

朝日・日刊スポーツ 選挙特集

移動中や職場でも選挙の最新情報をチェック。QRコードから携帯サイト「朝日・日刊スポーツ」の選挙特集にアクセス。