現在位置:
  1. 2010参院選
  2. ニュース
  3. 記事

不在者投票の案内書690人に送らず 霧島市選管

2010年7月28日13時20分

印刷印刷用画面を開く

このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 11日に投開票のあった参院選で鹿児島県の霧島市選管が、公示日前の3カ月以内に市外へ転出した有権者約690人に、不在者投票などの投票方法を知らせる案内書を送っていなかったことが、わかった。このうち多くの人が投票できなかったとみられる。

 市選管によると、市外へ転出した有権者から投票日前に「不在者投票の案内書が送られてこない」と問い合わせが相次いだことでミスに気づいたが、市選管は案内書そのものを準備していなかった。対象の有権者には、21日付で市選管の委員長名でおわびの文書を送ったという。

 県選管によると、公示日前日より前の3カ月以内に住民票を移した場合は、前の住所地で投票することになっており、そこに出向いて投票するか、郵送による不在者投票をすることになっているという。

関連トピックス


候補者データベース

主な政治日程

6/16(水) 通常国会閉会
6/24(木) 参院選公示
7/11(日) 参院選投開票

携帯でも最新情報を

朝日・日刊スポーツ 選挙特集

移動中や職場でも選挙の最新情報をチェック。QRコードから携帯サイト「朝日・日刊スポーツ」の選挙特集にアクセス。