現在位置:
  1. 2010参院選
  2. ニュース
  3. 記事

たちあがれ日本と日本創新党、5選挙区で協力

2010年6月22日22時19分

印刷印刷用画面を開く

このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 たちあがれ日本と日本創新党は22日、参院選でそれぞれが公認候補を立てる計5選挙区で選挙協力することで合意した。両党はいずれも保守色を前面に掲げており、選挙後は、国会で統一会派を組む方針も明らかにしている。

 たちあがれ日本の園田博之幹事長は22日の会見で「統一会派が、(政党の)合併に向かう可能性も大いにある」と述べた。青森、茨城、神奈川の3選挙区で同党の立候補予定者を日本創新党が推薦。大阪、千葉両選挙区の日本創新党の立候補予定者を、たちあがれ日本が推薦する。

 日本創新党には現職国会議員がおらず、政党要件である「国会議員5人以上」を確保するにはハードルが高く、参院選後の国会活動をにらんで他党との協力が欠かせない。一方、たちあがれ日本には、自民党を離党した中山恭子参院議員(非改選)が21日に入党。選挙後も「5人以上」を維持できる見通しが立ったが、広がりを確保するためにも他党との連携が必要という事情がある。


候補者データベース

主な政治日程

6/16(水) 通常国会閉会
6/24(木) 参院選公示
7/11(日) 参院選投開票

携帯でも最新情報を

朝日・日刊スポーツ 選挙特集

移動中や職場でも選挙の最新情報をチェック。QRコードから携帯サイト「朝日・日刊スポーツ」の選挙特集にアクセス。