現在位置:
  1. 2010参院選
  2. ニュース
  3. 記事

民主幹事長の連携発言 みんなの党否定、国民新「不快」

2010年6月28日22時9分

印刷印刷用画面を開く

このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 参院選後の連立の枠組みをめぐる発言が活発になってきた。28日にはみんなの党の渡辺喜美代表が「民主党とみんなの党が一緒にやることはない」と連携を完全否定。与党の国民新党は、民主党とみんなの党との連携に不快感を示した。

 発端は民主党の枝野幸男幹事長の27日の発言だ。枝野氏は記者団に「みんなの党とは行政改革や公務員制度改革について、かなりの部分が一致している。政策的な判断としては一緒にやっていける」と語り、連携に期待を寄せた。

 これに対し、みんなの党の渡辺代表は28日、東京都内での講演で「民主党が公務員の労働組合に支援を受けている限り、大きな政府から脱却できない。一緒にやりたいのなら、官公労との縁をすべて切ってほしい」と主張。枝野氏の発言についても「みんなの党の支持層の引っぺがし工作であり、悪質な選挙妨害だ」と切り捨てた。

 連立を組む国民新党も反発している。下地幹郎幹事長は28日、枝野氏の発言について「与党で過半数を取れないというメッセージを発しているかのようだ。今の段階でこの発言は非常に不快」と記者団に指摘。「みんなの党が郵政改革法案に賛成でないのは確かで、最優先で成立させると言ってきたことを不透明にするのか」と憤った。

 民主党からも戸惑いの声が上がった。石井一副代表は「過半数が取れないから次の手を考えているかのような印象を与え、好ましくない」と語り、別の党幹部も「選挙中に余計なことを言うな」と批判した。

 一方、公明党の山口那津男代表は仙台市での演説で「社民党や国民新党の姿を見れば、民主党の本音は数合わせで引き寄せておいて、使い捨てをする。そういう魂胆が見え見えだ」と語った。


候補者データベース

主な政治日程

6/16(水) 通常国会閉会
6/24(木) 参院選公示
7/11(日) 参院選投開票

携帯でも最新情報を

朝日・日刊スポーツ 選挙特集

移動中や職場でも選挙の最新情報をチェック。QRコードから携帯サイト「朝日・日刊スポーツ」の選挙特集にアクセス。