現在位置:
  1. 2010参院選
  2. ニュース
  3. 記事

自民復調、「敵失」が追い風に 谷垣氏は続投表明

2010年7月12日5時1分

印刷印刷用画面を開く

このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 自民党は改選議席を大幅に上回り、与党の過半数割れを目標に掲げてきた谷垣禎一総裁は11日夜、総裁続投を表明した。谷垣氏は参院選を「この10カ月の民主党政治に対する審判」と位置付けてきたが、「民主党の暴走迷走にきつい審判をしなければならないという結果が出た」として、今後の国会運営などで攻勢を強める構えだ。

 谷垣氏は同日夜の民放番組で、民主党苦戦の要因について「普天間問題でも迷走し、消費税に関しても公約なのか公約でないのか、はっきりしなかった」と指摘。民主党との大連立の可能性も「ゼロです」とはっきり否定した。

 谷垣氏は選挙戦の序盤、民主党の「政治とカネ」の問題を重点的に攻める方針だった。だが、選挙戦で菅首相の消費税発言に有権者の拒否反応が強く、与党内にも異論があると見るや、一転して「首相にはきちんとした見取り図がない」と徹底批判する戦略に切り替えた。選対幹部は「自民党は今回、民主党にはノーだという有権者の受け皿になれた」と分析した。

 自民党の若手・中堅議員を地方遊説に積極投入したことが奏功した面もある。小泉進次郎・党遊説局長代理や丸川珠代・女性局長はじめ、小池百合子・広報本部長、石原伸晃・組織運動本部長ら知名度のある議員らが精力的に激戦区に入った。

 自民が各選挙区で擁立した候補についても、公募制の導入で若返りを図った。自民が善戦した1人区で、新顔が立候補したのは2007年参院選の倍近い16選挙区。このうち12選挙区は、民主公認・推薦候補より若かった。

 選対幹部は「自民、民主の2大政党の違いがはっきりしなくなっているため、『若いか高齢か』『男性か女性か』といったイメージが勝敗を左右している」とみる。

 別の参院議員は「今回、苦戦していたのは代わり映えのしない現職候補。それにひきかえ、公募で選ばれた若手候補は大きく伸びた」と総括した。

 このほか、民主党と競り合う1人区では、自民の選挙区候補と公明の比例区候補が選挙協力し合う「自公協力」が九州・四国などを中心に広がっていたことも追い風となった。

 自民の1人区での健闘について、党幹部は「自民はまだ地方の足腰が強い」と分析する。政権交代後も、自治体首長や地方議員のなかにはまだ自民党系が多いことを指摘したものだ。党本部は今回、党本部作成のマニフェストだけでなく、都道府県ごとの実情や要望を反映させた「ローカル・マニフェスト」を国政選挙では初めて作り、地元に配布していた。来春の統一地方選もにらんだものだった。

 もっとも、今回の結果は敵失に助けられた側面が大きい。ある閣僚経験者は「菅首相は消費税で失敗した。この結果は自民党が求められたり、期待されたりした結果ではない」との見方を示した。

 有権者の多くが自民党支持に回帰したのかといえば、党内でも疑問視する声がある。党刷新がまだ生ぬるいとみる議員のなかには「派閥をなくさなくてはダメだ」「いま解散・総選挙があれば現執行部では勝てない」との執行部批判もくすぶる。今後の党執行部の対応しだいでは、谷垣執行部の総入れ替え論が再燃する可能性もある。

関連トピックス


候補者データベース

主な政治日程

6/16(水) 通常国会閉会
6/24(木) 参院選公示
7/11(日) 参院選投開票

携帯でも最新情報を

朝日・日刊スポーツ 選挙特集

移動中や職場でも選挙の最新情報をチェック。QRコードから携帯サイト「朝日・日刊スポーツ」の選挙特集にアクセス。