現在位置:
  1. 2010参院選
  2. ニュース
  3. 記事

社民が参院選総括了承 「新しさがない」と不満の声も

2010年8月28日0時34分

印刷印刷用画面を開く

このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 社民党は27日の全国代表者会議で、参院選敗北を受けた党の総括を了承した。地方議員の拡大や党組織の若返りを目指すことなどを盛り込んだが、会議に参加した地方組織幹部からは「新しさがない」との不満も出た。ただ、福島瑞穂党首の続投については異論は出なかった。

 総括では、参院選の敗因に連立離脱の影響を挙げ、「連立政権(への参加)を前提として組んだ選挙戦術の切り替えができないままだった」と指摘。今後の党再建策としては、若者や女性の主張を取り入れ、地方議員の数を増やすことなどを挙げた。

 ただ、会議の参加者からは「今までの再建策とどこが違うのか」「具体案が必要」といった不満も出た。参院選後、所属国会議員のあいだで福島氏の引責辞任論が浮上したことについても「党内でゴタゴタしている場合じゃない」との批判も相次いだ。

関連トピックス


候補者データベース

主な政治日程

6/16(水) 通常国会閉会
6/24(木) 参院選公示
7/11(日) 参院選投開票

携帯でも最新情報を

朝日・日刊スポーツ 選挙特集

移動中や職場でも選挙の最新情報をチェック。QRコードから携帯サイト「朝日・日刊スポーツ」の選挙特集にアクセス。