朝日新聞アジアネットワーク

コラム AJWフォーラムから バックナンバー>>

韓国の文化交流 日本文学、変わらぬ人気

尹相仁(ユン・サンイン)/ソウル大学教授

  2015年09月19日

    

 ソウルは、世界でも日本文学の愛好家が最も多い都市の一つだろう。大型書店では翻訳本はもちろん、日本語の原書、それも新書や文庫本まで並んでいる。かつて三浦綾子の「氷点」に感動した世代の子供や孫たちが、いま村上春樹や東野圭吾、宮部みゆきらの小説を楽しんでいる。

AJWフォーラム英語版論文

 日本による植民地支配(1910〜45)が35年間に及んだ韓国では、解放後、日本文学が警戒の対象になった。李承晩(イスンマン)・初代大統領の排日政策により、日本文学は公には姿を消した。しかし、1960年に李大統領が退陣すると、そうした政策は和らぐ。すでに20代は日本語が読めず、韓国語に翻訳されるようになった。日本文学が外国文学になったわけだ。石坂洋次郎の作品が人気だった。

日本の文庫本が並ぶソウルの書店(桜井泉撮影)        日本の文庫本が並ぶソウルの書店(桜井泉撮影)

 私は55年に生まれ、70年代に大学生活を送った。夏目漱石、芥川龍之介、川端康成、大江健三郎らを韓国人の作家の翻訳で読んだ。確か最初に読んだのは、高校生の頃、太宰治の「斜陽」だったのではないだろうか。

 韓国では軍事政権のもとで検閲があり、作家たちの自由な活動は制限されていた。日本の小説は私小説、歴史小説、企業小説など実にジャンルが多様でダイナミックだったので、韓国の読者を魅了した。吉川英治の「宮本武蔵」、山岡荘八の「徳川家康」などがベストセラーになった。こうした人気に対し、一部の知識人は「植民地文化が我々の意識を侵食している」と批判した。しかし、書店から日本文学が消えることはなかった。

 今年6月、北京で韓国、中国、日本の作家らが集まり、「東アジア文学フォーラム」が5年ぶりに開かれ、私も参加した。日本からは島田雅彦さんらが出席した。日中関係の悪化で会議は延期に なっていた。会議では、政府間の関係が悪化しているからこそ、作家たちは個人的信頼を築き、会い続けようということを確認した。

 韓国では日本との関係悪化にもかかわらず、日本文学の人気は相変わらずだ。政治は物事を短期的に見ようとするが、文化交流は発酵と熟成の過程を経て息の長い方向性を見いだす。水面は激しく波立っていても、海の中は静かだ。だが、ときに民衆はもろく、政治の嵐に吹かれる。研究や文化に携わる者は荒波にもまれてはいけない。

 韓国では、日本研究者は警戒と疑いの目で見られることがある。日本では韓国人の研究者は民族主義的だとみられる。両者に挟まれてつねに緊張状態を強いられる。しかし、だからこそやりがいがあるのだ。(構成・桜井泉)

     ◇

 ユン・サンイン 韓国・ソウル大学アジア言語文明学部教授。専門は日本文学。韓国における夏目漱石研究の第一人者。1955年生まれ。東大大学院で博士号を取得。1994年「世紀末と漱石」でサントリー学芸賞を受賞。