現在位置:
朝日新聞社インフォメーション >
AAN >
AAN発
朝日新聞アジアネットワーク

AAN発 朝日アジアフェローのコラムやシンポジウムの詳報バックナンバー>>

【第14回朝日アジアフェロー・フォーラム】 大議論!何てこった東アジア

2011年02月09日

 2007年4月に始まった朝日アジアフェロー・フォーラムも14回目。第1回からフォーラムを運営してきた世話人3人が今年度末で交代するのにあわせ、それぞれ少し長い視点でそれぞれの東アジア展望を語ってもらいました。その後、いつものように大議論。急変貌する中国に議論は繰り返し戻ってきたのですが、ひるがえって日本がどのような社会や外交をつくっていくか、米国の今後はどうなるのか、ということにも及びました。2011年度からの新世話人は高原明生(東京大教授)、劉傑(早稲田大教授)、竹中千春(立教大教授)の各氏にお願いすることになりました。


◆報告
中国にどう向き合うか
国分 良成 (慶応大学教授)
米中関係と東アジア
藤原 帰一(東京大学教授)
東アジアの変化と求められる対応
王 敏(法政大学教授)
(司会 若宮 啓文・朝日新聞コラムニスト)
◆討論と参加者
全体討論(1)
全体討論(2)
参加者一覧