現在位置:
朝日新聞社インフォメーション >
AAN >
AAN発
朝日新聞アジアネットワーク

AAN発 朝日アジアフェローのコラムやシンポジウムの詳報バックナンバー>>

【第15回朝日アジアフェロー・フォーラム】 アジアの絆――大震災でどう変わる

2011年06月01日

 2007年度から朝日アジアフェロー・フォーラムの世話人を務めていただいた国分良成・慶應義塾大学教授、藤原帰一・東京大学教授、王敏・法政大学教授に代わりまして、新たに、高原明生・東京大学教授、劉傑・早稲田大学教授、竹中千春・立教大学教授に世話人をお願いしました。その初回フォーラムに当たります。「アジア再発見」を通年テーマとし、今回は3月11日の東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故の後、日本外交はどう臨んだのか、アジアや世界はどうのように受け止め、国際関係はどう変わるのか、そして日本の立ち位置は……などについて、多様な議論が交わされました。

(小菅幸一・朝日新聞アジアネットワーク事務局長)
(写真=家老芳美さん撮影)


◆報告
東日本大震災後の「日本と世界」
北野 充・外務省アジア大洋州局審議官
アジアは日本の震災をどう受け止めたか
劉 傑・早稲田大学教授
(司会 竹中 千春・立教大学教授)
◆討論と参加者
全体討論(1)
全体討論(2)
全体討論(3)
参加者一覧