朝日賞

2013(平成25)年度 朝日賞

贈呈式、5氏2団体に 朝日賞・大佛賞・大佛論壇賞・朝日スポーツ賞

 学術や芸術などで傑出した業績をあげた個人や団体に贈る2013年度朝日賞、優れた散文作品をたたえる第40回大佛次郎賞、政治・経済・社会などの秀でた論考が対象の第13回大佛次郎論壇賞、スポーツで優れた成果をあげた個人や団体を表彰する13年度朝日スポーツ賞の合同贈呈式と祝賀パーティーが30日、東京都千代田区の帝国ホテルで開かれた。

 朝日賞を受けた1団体と3人に正賞のブロンズ像と副賞500万円、大佛賞と論壇賞の2人に賞牌(しょうはい)と200万円、スポーツ賞の東北楽天ゴールデンイーグルスにはレリーフと200万円がそれぞれ贈られた。パーティーで、朝日賞の宝塚歌劇団から月組の4人が、華やかなショーを披露した。

 朝日賞の仲代達矢さんは「昨年81歳になりました。俳優人生もそろそろ……と思っていた時に賞をいただけて、まだもう少しやってみるか、という気持ちになりました」と笑顔で語った。同じく朝日賞の小阪憲司さんと森和俊さんは、長い研究人生を支えた妻や両親への感謝を交えてスピーチした。

 楽天の立花陽三球団社長は「田中(将大投手)がいなくて大丈夫かと聞かれるが、ダルビッシュ(有投手)が抜けても日本ハムは優勝している」と盛り上げ、連続優勝を誓った。

贈呈式の様子はこちら>>


2013(平成25)年度 朝日賞

2013年度 朝日賞 3個人1団体(計4件)に

 2013年度の朝日賞は次の3個人1団体(計4件)に決まりました。1月30日に東京・日比谷の帝国ホテルで贈呈式を行い、正賞のブロンズ像と副賞(1件500万円)を贈ります。(敬称略、順不同)

 朝日賞は、学術、芸術などの分野で傑出した業績をあげ、日本の文化や社会の発展、向上に貢献した個人・団体に贈ります。1929年に朝日新聞創刊50年を記念して創設、92年に朝日新聞文化財団が授賞事業を引き継ぎました。各界の推薦をもとに、財団と朝日新聞社の選考委員会が審議、決定します。第1回以来の受賞者は合わせて450人と27団体になります。

  • ◇宝塚歌劇団
       宝塚歌劇100年の日本の舞台芸術への貢献
  • ◇仲代 達矢さん(俳優)
       長年の俳優活動と後進育成による演劇・映画界への貢献
  • ◇小阪 憲司さん(メディカルケアコート・クリニック院長)
       レビー小体型認知症の発見
  • ◇森 和俊さん(京都大学教授)
       小胞体ストレス応答の解明

詳細>>

贈呈式の様子はこちら>>

主催 朝日新聞文化財団

選考委員(敬称略) ※肩書きは2013年現在
  • 木村伊量=委員長(朝日新聞文化財団理事長 朝日新聞社社長)
  • 亀山郁夫(名古屋外国語大学学長)
  • 岸本忠三(大阪大学免疫学フロンティア研究センター 特任教授)
  • 北澤宏一(東京都市大学学長)
  • 津島佑子(作家)
  • 三宅一生(デザイナー)
  • 養老孟司(東京大学名誉教授)
  • 米沢富美子(慶応義塾大学名誉教授)
  • 大野博人(朝日新聞社論説主幹)

2013(平成25)年度
宝塚歌劇団詳細へ 宝塚歌劇100年の日本の舞台芸術への貢献
仲代 達矢詳細へ 長年の俳優活動と後進育成による演劇・映画界への貢献
小阪 憲司詳細へ レビー小体型認知症の発見
森 和俊詳細へ 小胞体ストレス応答の解明